外壁塗装の真実

外壁塗装業者が教えてくれない、料金のからくり

私達の周りでも最近良く耳にするのが、下記のようなお話です。

  • 「業者によって言うことがバラバラ」
  • 「何を信じていいのか分からない」
  • 「外壁塗装の金額はどれが適正なの?」

今回は、最低限知っておいてほしい4つの事と、値段のからくりを教えます。

見積もり書は「最低このくらいはかかりますよ」というのを書面化した資料になります。是非確認してみてください。
シリコンだといくら、フッ素だといくらになりますよといった具合です。しかし、本来外壁塗装工事というのは人件費が大きなウェイトを占めています。 材料価格つまり塗料代というのは実は全体の2~3割程度
残りの7~8割が施工代(手間代)となります。
当たり前の話ですが材料の仕入れ価格というのは殆ど変わりません。
限界があります。

値引きするポイントは何処なのでしょうか?

1:大幅値引きを実施する業者には要注意!!!!

そう!「人件費」を削って提案をしてこられます

では人件費を安くする手段とは何があるでしょう?

作業時間を短縮して後期を短くするということが考えられます。丁寧な作業には手間と時間がかかります。短納期で仕上げれば仕上げるほど雑になります。

同じ建物、面積にも関わらず、あまりに安かったり値引きして安くするところは、やはり丁寧さに欠けるといってもよいのではないでしょうか。
もうひとつ考えられるのは、熟練職人よりも派遣作業員やアルバイトが施工するケースが考えられます。
それなりの経験と知識のある職人にはそれなりの対価が必要です。
いずれにしても安かろう悪かろうにならないように気をつけましょう!

2オリジナル塗料にはお気をつけ下さい!

大手リフォーム会社、ハウスメーカーに多いのがこのオリジナル塗料。
「ウチは○○大学と共同で開発した・・・」とか
「どのメーカーのものよりすぐれた弊社の塗料は・・・」などと言ったりします。

もしどこよりも優れているのであれば塗料販売のみでいいんじゃないですか?
わざわざ営業訪問したり、現場管理までしなくても・・・。そう思いません?

実はオリジナル塗料とうたっている塗料のほとんどがどこかのメーカーのラベルを張り替えただけのものなんです。
しかもそのほとんどは安い塗料にもかかわらず高値で販売されています。

試しに「その塗料の主剤は何ですか?溶剤ですか?2液性ですか?」と聞いてみてください。
ほとんどが水性シリコンのはずです。

3シリコン塗料も様々・値段は大幅に違います!

現在一般的な外壁用塗料といえばシリコン塗料ですが、これが実は種類によって価格が全然違います。

ガイソー大津が使用しているのは「ガイソーウォールシリコン」を中心とした水溶性シリコン塗料です。
ぜひ、他社のものと比較してみてください。

ガイソーパーフェクトウォールプロテクトシリーズ 高耐候低汚染1液水性シリコン塗料 ガイソーウォールシリコン

高品質シリコンで住まいの外壁をプロテクト

ガイソーウォールシリコンの6つの特長

特長1 シリコンならではの「高耐候性」

アクリルシリコン樹脂は従来のアクリル樹脂やウレタン樹脂に比べ耐候性・耐紫外線に優れています。その為、定期的な塗り替え周期を飛躍的に伸ばせます。

特長2 低汚染性能により美観を維持「低汚染性」

一般の高光沢樹脂塗料は塗装後に年々黒ずみや雨筋汚れなどで汚れてきますが、アクリルシリコン樹脂塗料は耐汚染性能が高く長期間に渡り建物をきれいに守り続けます。

特長3 カビや藻類をシャットアウト「防カビ・防藻性」

防カビ・防藻性能があり外壁に発生するカビや藻類など微生物の発生を抑制します。塗膜劣化以外の二次汚染に効果を発揮します。

特長4 光沢がキレイな艶のある仕上がり「高光沢性」

施工後の美しい光沢が特徴で新築時を思い出すようなキレイな仕上がりが実現します。光沢維持力も高く、色あせがしにくいことも特徴です。

特長5 作業性が高く扱いやすい「高作業性」

1液タイプにより現場での攪拌など関連作業を削減することができます。吹き付け、ローラー塗装の作業性が良好です。

特長6 環境に優しい水性塗料「環境性」

時代に合わせた低公害の安全塗料です。水性塗料のため、悪臭及び、引火性・毒性の危険もなく、取り扱いが容易です。

なぜ、住まいの塗り替えをしなければいけないの? 答えはズバリ美観と素材保護(防水)の2つです!

美観ももちろん重要ですが、塗り替えにはもっと重要な目的があります。それは防水性の復活です。強烈な紫外線や、水分、地震や台風の揺動、酸性雨、大気汚染など、絶えず攻められていても逃げ場がないのが建物です。新築してからずっと家を守っていくわけですから、やがて屋根のズレや外壁のヒビ割れ、鉄部のサビ、木部の腐りなどの傷みが出ますし、放置すれば建物内部へ雨水がどんどん侵入し、構造部分の老朽化が進行していくからです。そのために住まいの塗り替えは必要とされているのです。

家を傷める原因 1.雨水・湿気 2.紫外線 3.雪 4.地震・台風 住まいの塗り替え時期の目安を見逃さないこと。それが家を長持ちさせる基本です!

どんな外装リフォームを選ぶかでその後のメンテナンスにぐんと差がつきます

築年数や立地条件、劣化状況や素材、建物の状況など、今後この家をどのようにメンテナンスして何年住み続けるかなどにより選ぶ商品はさまざまです。現在の外装の状態を把握し、ご自宅にベストな商品を選ぶことが、その後のメンテナンスに大きく差をつけることになります。

メンテナンスのトータル金額グラフ

塗料やサイディングを選ぶのと同じくらい下地処理も大切です

ガイソーパワークリーナーでカビやコケを根こそぎ除去!キレイになった下地に塗料を塗るから美しさも長持ちするんです!

ガイソーパワークリーナーでの洗浄前Photo ガイソーパワークリーナーでの洗浄後Photo

ガイソーでは、塗料の良さを最大限に発揮できるように下地処理も妥協しません。通常の高圧洗浄では落としきれない0.001mmにも満たないピンホールに潜んでいるカビやコケ、藻など壁面の汚れを徹底的に洗い流します。そうすることで仕上がりが美しく長期にわたり大切な家を守る耐久性のある外壁に仕上がります。

ガイソーパワークリーナーを詳しく見る

いますぐチェック!外壁診断

こんな症状が出たら要注意!!外壁の場合

他にも症状はさまざま!放置しておくとこんなことに
  • 内部の腐りPhoto内部の腐り
  • モルタルの剥離Photoモルタルの剥離
  • 爆裂Photo爆裂

こんな症状が出たら要注意!!屋根の場合

他にも症状はさまざま!放置しておくとこんなことに
  • 雨漏りPhoto雨漏り
  • 真っ赤にサビたトタン屋根Photo真っ赤にサビたトタン屋根
  • 屋根材の傷み・崩れPhoto屋根材の傷み・崩れ
ここまでくると下地からの改修になり、多額な費用が必要になってしまいます
外壁・屋根は症状が出る前の早めのお手入れが肝心です!

人気記事

  1. 7AF7814A-BEDF-475A-9A73-DEA41425F0D0
  2. 7c0bf5b07d0e371119a71363c9dbf85f99525500
  3. IMG_0893
  4. b696dbd940e4610be9a23555bc1c78a846830ff9
  5. IMG_0884

 

 

PAGE TOP